上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近 泣いていますか???

思いっきり泣くと 結構スッキリとしますよね♪
私は大人になってからは悔し泣きする事が
増えました(笑)

悔しくて、悔しくて・・・でも思っきり泣くと
泣き終わると結構ケロッとしてたりして。
そう思うと、泣くことも必要なんだよなぁって思います。

でも親になってからは、なんだか泣いちゃいけないような気が
していました。 親は強くないとイケナイカナと思って。


先日の断乳で久々に色々な意味で 大泣きした私。
断乳後は今度は櫻が今までにも増して、イヤイヤ期と断乳で
昼も夜中も大泣きする日が続いていました。


出産した産院で、助産師さんの言った一言
「赤ちゃんが泣いたら、抱き癖なんて気にせずに すぐに抱っこして
あげてちょうだいね」

この言葉が今まで私の心の育児の中心にありました。

だから、櫻が泣くと・・・・
「泣かしてる・・私。どうしよう?何がいけないの?オロオロ」と
なっていたわけです。
まさに第一子を育てる新米母でございます(笑)。


なので、夜泣きで2時間泣いたとか、イヤイヤ期で1時間泣き続けて
いる櫻を見ると、私の胸が張り裂けそうで、
なんとか解決法はないものか?とばかり、毎日毎日考えていました。



そんな私に、一光が差し込みました♪
よくお邪魔させて頂いている、『Mina&おっぱい小僧YukiのDiary』
の助産師のMinaさんが 本を紹介してくれました。

「心を育てる抱っこ法」阿部秀雄著

コチラの本は何かのセット教材の中の一冊との事で
一般書店には残念ながら並んでいませんでした。

そこで同じ著者の
きっと親子がしあわせになる「抱っこ法」
読むことにしたのです。

Minaさんに紹介して頂いてから、早く読みたくていてもたっても
いられなくなった活字中毒の私は 本屋や図書館をめぐりました。
そうして、運よくいつも通う図書館で その本を発見!!

早速読み進めると・・・・。


目からウロコでした。




子供を泣かせてもいいのですって。

そして、 親も泣いてもいいんですって!!


内容はうまく伝えらられないのですが、ともかく
泣かせないで育児する事は間違っている。
泣いて心の声を聞いてあげれば良い。
たとえそれが、なんの解決にならなくても、ただ心の声を
真剣に聞いてあげればいい・・・・。

そして甘やかしを気にせずに、心ごと包むように
いつでも抱っこして欲しいときに、抱っこしてあげればいい・・・。


そんな内容でした。

夜泣きが凄くて「どうしよう、どうしよう」と櫻を抱きながら
家中をウロウロして疲れ果てた私の心。
今は、同じく夜泣きで 家中をウロウロしつつも
「泣いてもいいんだよ~~どうした??大丈夫だよぉ」って
櫻の耳元で囁く余裕が出来ました。

櫻は変わらなくても、私の心の持ち方が変わったのかな。
ちょっとだけですけど(笑)。


そして、櫻の耳元で
「櫻~~ママ櫻の事大好きだよ! 生まれて来てくれてありがとうね」
と囁くと 櫻が呟きます
『み~~んな??』

「みんなボクの事好き?」って聞いているのです(笑)。
だから また
「パパもママもばぁばも みーも み~んな櫻が好きだよ」って。


そうすると、ギャン泣きしている櫻も少し落ち着いて、
泣き声が小さくなったりして。
※また泣きますけどね(笑)。


泣いていいといわれたら、本当気持ちが軽くなりました。

みんな~~~~泣いていいんですって!!!


そうしてその本の最後に書いてありました。
「学校で習った事でさえも、いざやるとなると困惑する。
 育児は誰も教えてくれない状態で 始まるのだから、
 失敗したり、困惑するのは当然」

そうですねぇ。
ママもまだ新2年生だものぉ~。
ね♪気が楽になるでしょう??


今までの心配が100%だとすると、その心配度が35%は減ったかな。
まだ65%もありますけどね(苦笑)。

ま、少しは前進しました、わたし。

Minaさん 素敵な本を紹介してくれて、
どうもありがとうございました。


さて、本日の櫻さま
2日目.3日目と登園時には泣かなかった櫻ですが、
今朝は車に乗るときから泣いて、
保育園には行きたくないとおっしゃいました。
園につくと大泣きして抵抗。
ママも心を鬼にして、先生に預けてきました。
泣かせてもいい・・・とは言いつつも。
やっぱり切ないねぇ。


もう少し 時間をもらいましょうね♪

20070405084533

↑今朝 登園前の櫻さま。 ママの妙に明るい声に動揺した(?)
櫻の図

「ママ・・・これからボクどこいくの??」

スポンサーサイト




おいらが泣いても、私は、平気のへっちゃらなのですが、オットが胸が張り裂けそうになる~と言ってます。
そうか、パパの専売特許じゃなかったのか~と思った次第。
たかたんさんは優しいハハですね。
ヘンな言い方かもしれないけど、櫻さま泣きがいがありますね。

私がおいらによく使う手は、ひとしきり泣いた後に、

「あれ?なんで泣いたんだっけ?」

ととぼけて聞いてみるという手です。
おいら、大概忘れてます。
で、キョトンとして、泣きやむ。
あ、単細胞おいらだから通用する技なのかしら。

【2007/04/05 22:20:21 】 URL | RIKIPON #-[ 編集]
おお~!
ナイスな本ですね!
心配性のたかたんさん。
いつもボヘ~っと育児をしている私では
全く心配を和らげてあげることは出来なかったけど
いい本見つかってよかったな~って思います!
ヽ(´▽`)/~♪
【2007/04/06 11:18:27 】 URL | コロコロ #2KWV6q.Y[ 編集]
RIKIPONさんへ♪
オットさんの専売特許じゃないですよ!!
私の専売特許ですよ!心配症は(笑)
だから、おいら君のおちんちん の件の時、
私もドキドキしたさ~~~~。

それより!
RIKIPONさん、12時間分のお仕事取り戻せたのですか?
コメントくれてとっても、とっても嬉しいのですが、
お仕事に影響がないかと・・・心配。
でたっ!!!心配症な私!!!
【2007/04/06 16:43:33 】 URL | たかたん #Qq95d10Y[ 編集]
コロコロさんへ♪
いやいや、何をおしゃる!!
いつもコロコロさんの楽しいネタ?ブログを見て
心和ませてもらって(笑)。
育児の悩みも減るってもんですよ!!
毎日更新が楽しみなのですよ!!

そう・・・よく言われるんですけど、
私心配症な上に更に人に影響されやすいタイプ。
本を読むとね、すぐのめりこむ、素敵な性格なの♪
【2007/04/06 16:46:16 】 URL | たかたん #Qq95d10Y[ 編集]
おっと、こんな記事にして下さっていたのに、訪れたのが今日のなの。ごめんなさい。いつも。
うちも格闘の日々でして(笑)

気負わず、でも凛とした母にいつかなれるように私もがんばりまぁ~す!!  (^-^)
【2007/04/07 16:07:27 】 URL | Mina #-[ 編集]
Minaさんへ♪
勝手な思い込みなんですけど(笑)、
Yuki君はイヤイヤ言いながらも、ちゃんと お母さんの
言う事聞いてくれそうですよね?どうですか??
でも、やっぱりどこの家庭もこの時期 格闘なんですね。
安心しました(笑)。
私も 皆さんと一緒に 凛としてがんばりたいです!!!
【2007/04/09 16:08:38 】 URL | たかたん #Qq95d10Y[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たかたん育児日記 櫻様な日々~その2~, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。